ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】

突然の水害に対処する道具

土嚢

土嚢は水害現場で最も活躍する防災用品ですが、その主目的は畳や布団などが濡れないようにして被害額を抑えるためのものです。過去に一度でも水害が生じたことのある土地であるならば、必ず建築用ではなく水害用の土嚢袋を常備しておきましょう。

詳しく見る

イベントの座席数を確保

ステージ

折りたたみ式観覧席の使用目的は単純な座席の確保ではなく、座席数の調節によって必ず満席にできるという点にあります。イベント主催者にとってとても重要であり、アルミ製で安く頑丈なのでうまく使ってイベントを成功させましょう。

詳しく見る

見栄えのいいシートを使う

工事現場

足場シートは建築で使う仮設足場を周囲から隠してしまうシートであり、これを見栄え良く仕上げることができればその現場は好印象になります。防炎性能のある種類のシートであればいざというときの被害も最小限になるので、しっかりいいシートを選びましょう。

詳しく見る

特殊なガラス

ガラス

ブルーガラスフィルターはブルーライトと呼ばれる第三の紫外線の力を遮断します。あらかじめスマートフォンやデジタルカメラに貼られている可能性は無視出来ません。しかし、自らブルーライトフィルターを貼っておくとブルーライトの二重予防になります。

詳しく見る

水害対策で最も有効なもの

工事現場

土嚢袋を倉庫に常備しておけば災害で生じる家財や仕事道具への被害を最小限に抑えることができます。吸水性ポリマーを使ったものはそのまま使えるので人気ですが、水を確実にせき止めるには土を詰めた昔ながらの土嚢を使うことが大切です。

詳しく見る

画質を向上させる製品

硝子

波長をコントロール

デジタルカメラによる画像をさらに向上させることができるとして、ブルーガラスと呼ばれる製品が話題になっています。従来のデジタルカメラでは、レンズから入ってくる光を本体に内蔵されたイメージセンサーとの間で複数回の反射を行なっていました。ただしこの方法では強すぎる光もそのまま反射させてしまい、出力するイメージにノイズを発生させてしまうという課題がありました。ブルーガラスはこうした問題を解決できる特徴を持っており、カメラメーカーはもちろん工場の生産ラインや学術機関での導入も進んでいます。大きな特徴は、撮影に不必要な赤外域の波長を低減できることです。これにより必要なだけの光量をイメージセンサーに届けることができ、ノイズだけでなくフレアの問題も解決できるようになりました。自然界では暗い場所から明るい場所を撮影すると不自然な色調の変化が発生しますが、これもブルーガラスを使うことで修正できます。逆光での被写体を撮影するときにもブルーガラスは役立ちます。逆光時は太陽などの強い光の影響を受けて被写体が暗くなる他、周囲に光が乱反射して見づらい画像になります。ブルーガラスは多すぎる光量をコントロールすることができるため、逆光でも被写体をきれいに捉えることが可能になります。こうした特徴は、物体の色や光をシビアに計測する測定器や検査機に適しています。余計な光やノイズ、色調のズレなどから来る不具合についても、センサー部にブルーガラスフィルターを取り付ければ精度を向上させることができます。

Copyright© 2018 ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】 All Rights Reserved.