ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】

特殊なガラス

ガラス

度々使われるガラス

ブルーガラスフィルターという特殊な硝子があります。それは主に携帯電話や監視カメラ、デジタルカメラなどに搭載されているのが特徴的です。ブルーガラスフィルターの様子はその名前の通りに青色をして透き通っています。やや水色に近い様子はありますが、薄くて硝子質です。ブルーガラスフィルターの役割はいくつか有りますが、携帯電話(スマートフォン)の場合だとブルーライトの力を抑制します。画面のクリアガラス辺りに付いていますが、目に刺激を与えないように上手く保護しているのが特徴的です。ブルーライトとは「第三の紫外線」と呼ばれる、デメリット要素も含む光になります。スマートフォンを操作する時は必ず目を使いますから注意すべきです。ブルーライトは目に対しては刺激を与えて、疲れ目や視力低下を誘発させます。適度に目にあたるなら問題は少ないと言えます。しかし、長時間連続(3時間以上)もスマートフォンを操作していると、目に何らかのデメリットを招きますから注意すべきです。ブルーガラスフィルターは目に対するブルーライトの影響を弱める力があります。携帯電話だけでなく他の機材やデジタルカメラなどにも使われる機会が多々目立つのも決定的です。あらかじめ採用されている機会は多くなってきましたが、中にはブルーガラスフィルターが張られていない製品もあります。スマートフォンやデジタルカメラなどを買う前にメーカーや最寄りの店に問い合わせるのも良いでしょう。

Copyright© 2018 ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】 All Rights Reserved.