生プラセンタが美容をサポート【健康食品の美力とはたらき】

バラ

納豆のはたらき

ナットウキナーゼとはどのような酵素か

考える女性

ナットウキナーゼは、文字通り納豆に含まれるたんぱく質分解酵素です。納豆の粘る糸の部分に含まれます。納豆は日本の伝統的食品であり、煮た豆を納豆菌によって発酵させることで作られますが、この発酵によりナットウキナーゼをはじめ、ビタミンK2やポリアミンといった様々な栄養素が作り出されます。ナットウキナーゼの効果としては、血栓を起こすたんぱく質であるフィブリンを溶解する作用があるほか、同じく血栓溶解酵素のプラスミンの生成を増加させる効果や、血栓溶解を阻害する物質を分解する効果などもあり、血栓の溶解を促進させる効果が非常に高いことがわかっています。

多様な健康への効果について

ナットウキナーゼは優れた血栓予防効果を持ちますが、それ以外にも様々な効能を持っています。その一つとしては血圧の降下があげられます。収縮期でも拡張期においてもナットウキナーゼの摂取によって血圧降下が見られ、高血圧症の予防や治療に効果を発揮することが認められています。また、血流の改善にも効果が発揮され、肩こりが改善したという効能が報告されています。アルツハイマーへの治療効果も報告されているほか、消炎鎮痛剤のアスピリンの代替品としての使用も代替医療の団体より推奨されています。ナットウキナーゼの摂取が最も効果的なのは夕食後から就寝前にかけての時間帯です。心筋梗塞などの血栓症は深夜から早朝の時間帯に発生することが多いためです。高血圧や高脂血症などの症状の緩和にも定期的に摂取することが勧められます。