ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】

突然の水害に対処する道具

土嚢

防災用品としての実績

水害が多く発生する土地ではほとんどの住宅や会社、工場や倉庫などで土嚢袋が常備されていますが、これはいざというときに水の流れをせき止めるためのものです。防災用品としてはかなりシンプルなものですが、かなり古くから利用されている道具でありこれがあるかどうかで被害額に雲泥の差が出ます。水害は畳や布団などの高価な家財道具をダメにしてしまうものであり、倉庫の品物をことごとく台無しにしてしまうリスクの高い災害です。土嚢袋自体はスペースを取らないうえに使用期限もないので、水害が過去に発生したことのある土地に行く際には必ず土嚢袋を常備しておくようにしましょう。利用目的は被害額を抑えることにあるので、リスクマネジメントを考えても必要不可欠な災害用品といえるのです。ただ土嚢には種類があるので、建築用品などに使われるようなものを間違って買ってしまわないように気を付けましょう。建築現場で使われる土嚢でもあるい程度は水害を防ぐことができますが、紫外線対策などの長期使用を想定して設計されています。短期間で素早く水をせき止める際には吸湿性能などが重要となるので、水害対策に使うものをしっかりと備えておくようにしましょう。土嚢には吸水性ポリマーを使った土不要のものもあり、これはそのまま水浸しになったところにばらまいて水の流れをいち早く食い止めることができます。しかしこれはあくまで急ぎの時に使うものであり、余裕があればできるだけしっかりと土や砂を詰め込んだベーシックな土嚢を使うほうが確実です。

Copyright© 2018 ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】 All Rights Reserved.