ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】

水害対策で最も有効なもの

工事現場

常備するべき災害用品

住んでいる住宅や働いている会社などが水場の近く、あるいは水はけが悪いところである場合は土嚢をいつでも設置できるようにするべきです。土嚢は袋に土を詰めただけのものであり、それを使って水の流れをせき止めたり変えたりすることを目的とした災害対策用品となっています。あまり重要視していない人が多いですが、今も災害の現場で使用され続けている信頼できる水害対策の手段となっているので倉庫に必ず土嚢袋を常備しておきましょう。大雨が降ったり河の氾濫が起きた際に土嚢を作り、すぐに該当する場所に詰め込めるならば物品の被害は最小限に抑えることができます。水害の被害はかなり大きく、住宅であれば畳や布団がもう駄目になってしまい、工場であれば大型機械が使いものにならなくなってしまうのです。そうした被害を土嚢によって防ぐことができるので、袋をいつでも使えるところにしっかりと保管しておくことはリスクマネジメントの観点でも重要なことといえます。袋自体はそのままの状態であればスペースをほとんどとらないうえに、時間によって経年劣化してしまうこともまずありません。また土がなくても使える吸水性ポリマー製の土嚢も存在するので、土を詰める際の時間稼ぎとして一緒に保管しておくのもいいでしょう。吸水性土嚢はそのまま置くだけでいいので人気ですが確実に水をせき止めることは難しく、あくまで時間稼ぎとして利用すると効果的です。水害対策を適切に行えば家財と業務で使う道具を守ることができるので、今持っていないのであれば土嚢袋をしっかり購入しておきましょう。

Copyright© 2018 ブルーガラスの効果をチェック【製品の情報を知ろう】 All Rights Reserved.